講演を聞く そして講演をする

ひょんなことから、大阪大学行動経済学の講演を聞きにいくことになりました。
講演を聴きに行ったのは、人生の中で2回。
3回目は、有意義な講演かなぁ・・・。
内容が、メールされてきました。

講演 大竹文雄教授 大阪大学理事・副学長
          「隠れた教育カリキュラムと経済的価値観』
講演 小川一夫教授 大阪大学社会経済研究所所長
          『親の関わりと子どもの時間配分』
講演 池田新介教授 行動経済学研究センター長
          『セルフコントロール力から考える』
うーむ、か・かたい・・・。
発端は、Eテレ「オイコノミヤ」大竹教授のアメリカの未就学児の教育のことを観たことです。
経済の観点からみた子どもの教育。でした。
さて、学問のない私にもわかる内容だろうか?・・・心配・・・。

そして、私の講演。金曜日にあります。
ま、これは小さく河内長野市のくろまろ塾からの依頼。
15分程度。40人ほどの集まりらしい。
しかし、なにをどのように話すか?
プロジェクターを使って話すので、只今、その原稿を制作中。
ただのおしゃべりならば、まかしといて!だけれど・・・。
むー・・・内容が硬い。もっと楽しく気楽にせねば・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)