船本清司 プロフィール

seijiphoto1

小学5年生の時に、画家になろうと決心する。以来ずっと画家になるにはどうすれば よいのか、素晴しい絵画とは何かを考えていたにもかかわらず、美術系の大学には行かず、絵画の先生にも就かず、慣れ親しんだ不透明水彩絵具を使い、手探り の独学で現在の「ガッシュ画」というスタイルを創る。
ガッシュ画の独特のゆれるような雰囲気は、故郷、京都・綾部の盆地特有の霧にある。その霧の中に立つ不思議さが、船本清司の作品の原点となる。
初めての個展は「船本清司水彩画展」とするが、訪れた人達に従来の「水彩画」のイメージではないとの声に、不透明水彩絵具・グァッシュで描いているのだからと「ガッシュ画」と名付る。2回目からは、「船本清司ガッシュ画展」とする。
現在、「ガッシュ画」のメジャー化を目指し、個展と講座開設で活躍中。

 

経歴
1947年 京都府綾部市生まれ
1975年 第1回個展、以後1983年まで大阪・カワチ画廊にて個展
1982年 東京・銀座 文藝春秋画廊にて個展、以後毎年開催
1984年 阪急百貨店・大阪梅田本店にて個展、以後毎年開催
1990年 記念切手「ふるさと切手・花」意匠(大阪・兵庫・奈良の県花)
sakurasou(大阪府)nojigiku (兵庫県) yaezakura(奈良県)
1995年 技法書「ガッシュ画・水彩の新しい技法」出版(マール社)
1996年 技法書第2弾「はじめてのガッシュ画」出版(マール社) ポストカード「風の絵日記」出版(マール社)
1997年 大丸・東京店、長崎大丸にて個展開催
1998年 技法書第3弾「だれでもかんたんスケッチ」出版(マール社)
2000年 京都・綾部市制施行50周年記念展開催
2003年 詩画集「風の色」出版(木耳社)
2005年 技法書「花を描くワザの筆法」出版(グラフィック社)

コメント (1件)

  1. ホームページ、登録しました。色々見れて、凄い❗です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)