ガッシュ画 画材

2014gazai1
絵具

ガッシュ画では、ホルベインのガッシュ絵具を使用しています。船本清司が色々試した中で一番ガッシュ画に適した絵具です。


丸筆を使用せず、刷毛、平筆、面相筆、扇筆を使用します。描く大きさによって筆を変えるため、大小の種類をそろえた方が良いでしょう。


紙を水の中に丸ごと浸したり、ドライヤーで乾燥させたりするので、厚く丈夫な水彩紙を選んでいます。技法書では、「ストラスモア」、「アルシュ」という種類の紙を紹介していますが、ガッシュ画講座では60回以上の工程をおこなうので、それに一番適したアルシュ紙を使用しています。

その他
その他必要なものは、パレット、水入れです。紙面を水に浸すためのトレー又はバケツ、紙を乾燥させるためのドライヤー、余分な水分を取るティッシュ、布です。

ガッシュ画を習いたいとお考えの方は下記のページへ。
関西地区と関東地区のガッシュ画講座が掲載しております。
<関西地区>
http://www.seijigouache.com/ガッシュ画講座 関西地区/

<関東地区>
http://www.seijigouache.com/ガッシュ画講座 関東地区/

ガッシュ画を描く画材は、お祝い屋ドットコムで販売しております。
ガッシュ画がすぐに描けるセットや絵の具、筆等を販売しております。
お祝い屋ドットコムを訪れてみてください。
アドレスは下記の通りです。
http://www.oiwaiya.com/
banner5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)